menu

ごあいさつ

「吾道一以貫之」

 昭和44年(1969年)、当社は、皮膚から薬の成分を吸収させる「経皮吸収型の医薬品」に特化した唯一の製薬会社として創業いたしました。富山県の製薬会社の中では新しい企業ですが、ほとんどの製薬会社がジェネリック医薬品へシフトしていく一方で、当社は一貫して新薬開発の道を歩んでまいりました。

 新薬の開発において、私たちが信念としているのは、「決して諦めない」ということ。新薬の開発は、非常に困難なものと言われ、成功確率が極めて少ないものですが、諦めたら、そこで終わりです。うまくいかなくても、それは失敗ではなく、次に活かせる経験のひとつ。あくなき探究心を持って研究を重ねていけば、必ず成功へつながるヒントが見つかります。
自分の信念にもとづいて、時代を先取りする。
この思いは創業当時から今日に至るまで変わっておりません。

 これまで当社が開発した医薬品は、日本初の非ステロイド性抗炎症成分を含有した貼付剤「アドフィード®」をはじめ「ロキソニン®パップ」や「ロキソニン®テープ」など、消炎鎮痛剤が中心でした。これからは、消炎鎮痛剤の枠をこえて、さまざまな効能を持つ医薬品の経皮吸収化にも取り組んでまいります。

 「吾が道、一以て之を貫く」この言葉のごとく、これからも経皮吸収の道一筋に新薬の開発に努め、国内のみならず世界の人びとにとって、より有用性の高い「貼り薬」をお届けいたします。

 今後ともより一層のご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
代表取締役会長森 政雄

Page Top

 メニュー

×閉じる

Language